BRUICHLADDICH BLACK ART 09.1 ブルックラディ ブラックアート 09.1 (1992)

  • 700ml
  • 44.1%

「ブルックラディ ブラックアート」は、ブルックラディ蒸留所のヘッド・ディスティラーが、特別に厳選したキュヴェシリーズ。原酒の組み 合わせも、その創造主であるヘッド・ディスティラーのみぞ知る数量限定品です。どの作品も、熟成庫に眠る全カスクの中から、極めて特別なカスクをヘッド・ディスティラーが選び出し、ボトリングします。「ブルックラディ ブラックアート Edition 09.1 (1992)」は、その第9弾となります。

Details 詳細

◼ ブラックアート 生産数量限定シリーズ 第9弾
◼ アダム・ハネットによる、5作目のブラックアート
◼ 1992年ヴィンテージ
◼ 29年熟成
◼ ノンピート アイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー
◼ カスクの種類:アダム・ハネットのみぞ知る
◼ アルコール度数44.1%
◼ ノン・チルフィルター、着色料無添加
◼ 世界限定12,000本 シリアルナンバー入り

  • Character 特徴

    本作は、シリーズ第1弾を造った際の基礎作りから着想を得ている。それは何層ものフレーバーを粘り強く追い求める地道な作業だった。ウイスキーは最上級の樽の中で眠りにつき、繊細な風味を幾重にもまとい、さらに熟成を重ねた。樽ごとに、新しい方向性を目指し、細心の注意を払って見守り、テイスティングを行った結果、ついに完璧な段階にたどり着いたのだ。

  • Aroma 香り

    ひたすら圧倒される。トロピカルフルーツ、ココナッツ、タバコ、オーク、スパイス、そして松の葉を炙った香り。これらのアロマが複雑に絡まり合っている。この優美なウイスキーは少し時間をおくと、マンゴー、蜂蜜を垂らしたメロン、あたたかみのあるオレンジの皮、パイナップルのグリル、熟したサマーストロベリーが現れる。魅惑的でみずみずしく、フルーティーな香り、そして樽由来のココナッツ、ジンジャー、バター風味のショートブレッド、バニラ・カスタード、そしてほのかにタバコが優しく香る。

  • Flavour 味わい

    ひとたび口にすると感じられるとろみと深みは、このうえなくすばらしい。樽由来のタバコの香り、黒砂糖、チョコレート、ココナッツの味わいがベースとなって、さまざまな果実が混ざり合ったみごとな味わいが輝くばかりに感じられる。水を一滴だけ加えもうひと口含むと、何層にも編み込まれた味わいの世界が広がる。

  • Finish フィニッシュ

    うっとりするようなフルーティーな甘味がいつまでも口中に残る。アプリコット、マンゴー、ベイクド・バナナ、トーストしたオーク樽由来の甘味、蜂蜜とバニラ。永遠にとどまってほしいと願わずにはいられない。

  • Age 熟成年数

    29年

  • Cask 樽のタイプ

    アダム・ハネットのみぞ知る

  • Vintage ヴィンテージ

    1992