OCTOMORE 11.1 SCOTTISH BARLEY オクトモア 11.1 スコティッシュ・バーレイ

  • 700ml
  • 59.4%

力強く、どこか控えめでありながらも躍動感に満ちたオクトモア11.1

Details 詳細

ピュアで生粋のスーパー・ヘビリー・ピーテッドであるオクトモアから新たに誕生した11.1は、力強く、どこか控えめでありながらも躍動感に満ちている。
このシングルモルトウイスキーが、ファーストフィル樽で熟成したのはわずか5年。にもかかわらず、スモーキーさは樽由来の甘いヴァニラと調和し、確固たるボディを築いている。圧倒的な存在感を示すピートと、爽やかなフルーティーさとフローラルな香りが、驚くべきバランスで共存する。
2013年に収穫された、最高のスコットランド産大麦のみを用いて2014年に蒸留し、同じく最高の状態のアメリカンオーク樽に満たして熟成させたこのヘビリー・ピーテッド・モルトは、素材の質が高ければ長い熟成期間さえも必要ないことを体現している。
世界限定30,000本。

  • Character 特徴

    しなやかですっきりとした味わいと土っぽいピートの香りに麦芽糖、ヴァニラ、オークがバランスを保つ。
    爽やかな潮風、泥炭地に茂るヤチヤナギ、寒い夜に漂うピートの煙― さまざまなアイラ島のアロマがグラスの中を満たし、温かな調和がその核を成す。

  • Aroma 香り

    最初にレモン、湿ったピート、鉛筆の削りかす、塩っぽいミネラル感。それからピーチヨーグルト、焦げたトフィー、そしてほのかにゴムや消毒液を思わせるスモーキーな香りが立ち上がり、青リンゴなどのフルーツ、モルティさと絶妙に調和する。
    時間が経つにつれて、ジンジャーやウッディなスパイス感を伴って、蜂蜜や麦芽糖、干し草が現れる。

  • Flavour 味わい

    最初に黒糖の甘さが口中に広がり、赤唐辛子のような強い刺激がオクトモアのDNAを運び込む。テクスチャーは清らかかつしなやかであり、さまざまなフレーバーが複雑に組み合わさって瞬時にその存在を主張する。さらにアプリコットなどの風味が加わり、ピーチヨーグルトが前面に。
    やがて樽の影響である、甘いヴァニラ、焦げたオーク、黒糖、ソフトキャラメルが現れる。一口の中で、海の香り、ミネラル、シトラスが一体となってブルックラディのDNAを示す。その特別な風味は、私たちの島への思いと、その結果であるウイスキーそのものを結び付けるだろう。

  • Finish フィニッシュ

    モルト、圧倒的なピートの香り、土と油っぽさ、タール、焚火。ヴァニラハニー、ジンジャースパイス、シロップを思わせる甘さ。

  • Age 熟成年数

    5年

  • Cask 樽のタイプ

    全期間ファーストフィルのアメリカンオーク樽で熟成(ジムビーム、ヘヴン・ヒル、ジャックダニエル)

  • Colour 色合い

    レモン

  • Phenol フェノール値

    139.6ppm

  • Malt 大麦の産地

    スコットランド産コンチェルト種、プロピノ種の大麦100%

  • Vintage ヴィンテージ

    2014