OCTOMORE 12.2 SAUTERNES CASK オクトモア12.2 ソーテルヌ・カスク

  • 700ml
  • 57.3%

かつて最も高く評価されたソーテルヌ樽熟成「オクトモア12.2」 日本国内初登場の【.2】エディション

Details 詳細

日本国内初登場の【.2】エディションである「オクトモア12.2」は、かつて最も高く評価されたソーテルヌ樽熟成原酒の伝説の足跡を辿っている。
その「オクトモア4.2」は、蒸留所の歴史で最も人気のあるウイスキーの1つであり、甘いソーテルヌワインと濃厚なピートスモークが素晴らしい組み合わせであることは疑う余地もない。

この「オクトモア12.2」は、アメリカンオーク樽で3年半を過ごし、フルーティでフローラルな原酒の基盤を構築してから、最高品質のソーテルヌ樽へと移された。
ノン・チルフィルター、着色料無添加 全期間アイラ島で熟成。

  • Character 特徴

    ソーテルヌ樽は、オクトモアの力強さを次の次元へと押し進めた。蜂蜜漬けのフルーツとドライスモークが素晴らしい融合を遂げ、煙とフルーツ甘さのクラシックなコンビネーションを美しく表現している。

  • Aroma 香り

    最初はメロン、蜂蜜、燻製アーモンドの素晴らしい香り。フルーツと蜂蜜のアロマが、トーストしたオークと土っぽい煙をほどよく抑えている。オレンジピール、桃、熟したメロン、レモンと蜂蜜が麦芽本来の甘さに包まれ、ドライアップルと洋ナシのキャンディがピートスモークとオークの香ばしい香りの波とともに続き、土と松脂の香りが解き放たれる。

  • Flavour 味わい

    甘美で柔らかいフルーティさが口全体に広がると、レモンピールとバニラがメロンとオレンジの花とともに前面に現れる。その後、キャラメル、スパイス、そしてかすかなドライさを感じさせるフレンチオークが、煙と麦芽の甘みを運び込む。シロップ漬けのフルーツのニュアンスが感じられるたび、ソーテルヌ樽が与えてくれた豊かな影響を再確認する。

  • Finish フィニッシュ

    フルーツとオークが少し色あせて、潮っぽいレモンの酸味がやってくる。心地よい土っぽいピートスモークが余韻を支配し、このウイスキー全体にオクトモアのDNAを刻み込む。

  • Age 熟成年数

    5年

  • Cask 樽のタイプ

    ファーストフィル・アメリカンオーク樽熟成原酒(50%)とセカンドフィル・アメリカンオーク樽熟成原酒(50%)をヴァッティングし2019年よりファーストフィル・ソーテルヌワイン樽で後熟。

  • Colour 色合い

    琥珀色

  • Phenol フェノール値

    129.7ppm

  • Malt 大麦の産地

    スコットランド産コンチェルト種の大麦100%

  • Vintage ヴィンテージ

    2014年収穫の大麦を2015年に蒸留