PORT CHARLOTTE MRC : 01 2010 ポートシャーロット MRC : 01 2010

  • 700ml
  • 59.2%

ブルックラディ蒸留所は、麦・樽・時間(熟成年数)の3つの探求を軸に実験的な試みを行っています。当「ポートシャーロット MRC:01 2010」は、この「樽の探求」から生まれました。

Details 詳細

原酒の50%をファーストフィルのアメリカンウイスキー樽、残りの50%をセカンドフィルのワイン樽で熟成。その原酒をヴァッティングして1 年以上、ボルドー地方左岸の最上級シャトーで使用されたフレンチオーク樽で熟成させたことで、複雑かつ生き生きとしたウイスキーが誕生。
全期間アイラ島で熟成したからこそ育まれる爽やかな海のニュアンスをはっきりと感じることができ、バーベキューのようなスモーキーさとの絶妙な調和は、ポートシャーロットらしい、まさにアイラ・シングルモルト。

  • Character 特徴

    生き生きとして明るく、希望に満ち溢れている。山積みのフルーツとフレンチオーク、力強いピートの煙とアイラでの熟成が卓越したコンビネーションを作り上げ、素晴らしい体験を約束している。

  • Aroma 香り

    まず、夏のフルーツとピートスモークの豪華絢爛なショーが幕を開ける。ラズベリーとチェリーが、ロクム(トルコ求肥菓子) と流木の燃えさしとともにグラスの中で弾け、次から次へと立ち上がってくる。このウイスキーには明らかに夏の気配がある。ピートモンスターの一族ではなく、軽やかで明るくフルーティーな雰囲気を纏っている。
    香りが開き始めると、アイラの潮風、爽やかさ、塩気を感じる。アメリカンとフレンチという2 種のオークが、クラシックなヴァニラ、トースト、チョコレート、ローストしたコーヒー豆、リコリス(甘草)、クルミとアーモンドなどの深みを与えている。グラスを傾けるたびに、鼻の下でベリーと熟したプラムの泡が弾けるのを感じるだろう。

  • Flavour 味わい

    明らかに、59.2%というアルコールの熱を感じる。生き生きとして、アイシングシュガーやマシュマロの甘さがスモーキーさの中で弾む。様々な香りが所狭しとひしめいている。甘みの強い赤いフルーツとピートの煙は、力強いオークがタバコの葉と焦がしたオークとともにやってくると同時に、はかなく溶けていく。さらに、メープルシロップ、ペカンナッツとコーヒーが、かすかなオレンジと甘く煮た桃で引き立ってくる。
    最初の一口では掴みきれないほどの複雑さがあり、再びグラスを手にすると、最初に押し寄せたフレーバーは複雑さを増している。波飛沫、ドライなスモーク、オークはさらに飛びぬけて、ラズベリーとプラムがヴァニラやバタースコッチと結びついていく。

  • Finish フィニッシュ

    フィニッシュではピートの煙はいつもよりわずかに薬っぽく、包帯やクレオソートを感じる。ドライなニュアンスは、フレンチオーク樽の軽いトースト感、アメリカンオーク樽のしっかりとした焦げ感、そして最高級ワイン氏に使用されたフレンチオーク樽でのヴァッティング後の後熟からもたらされるものである。ボルドーの特別な樽での追加熟成がフルーティーさの層を加え、スモーキーさの中にたなびいてウイスキーの中心にまで届いている。
    とろりとしたテクスチャーがフィニッシュの余韻を長くするーパワフルなピートスモークを最後まで残すように、クリーミーなヴァニラ、スパイシーなクローブや熟したピーチがゆっくりと消え、ポートシャーロットのDNAをしっかりと刻み込んでいく。

  • Cask 樽のタイプ

    ファーストフィルのアメリカンウイスキー樽 50%、セカンドフィルのフレンチワイン樽 50%、ヴァッティング後、ボルドー左岸の最高級ワインに使用されたフレンチオーク樽にて1年熟成

  • Colour 色合い

    テラコッタ

  • Phenol フェノール値

    40PPM

  • Malt 大麦の産地

    スコットランド産大麦100%(インバネス州産)

  • Vintage ヴィンテージ

    2010年