COINTREAU

Introduction はじめに

COINTREAU コアントロー

1875年に生まれたコアントローは、創始者の名前を冠した、フランス産のプレミアム・オレンジリキュールです。誕生から現在まで変わらぬ製法を守り続けると同時に、クリエイティヴィティや遊び心も追及する、唯一無二の存在です。

トップバーテンダーのクリエイティヴ・パートナーであるコアントローを使用したカクテルは、サイドカー、マルガリータ、コスモポリタンなどをはじめとして350種類以上がレシピブックに記載されており、さらに増え続けています。そのため、バーには必ずあるリキュールとして、世界中で愛されています。

本物であること、クリエイティヴであり優雅であることは、製法の指針でもあります。コアントローは、スイートオレンジのピール(果皮)とビターオレンジピールをあわせ、ユニークで繊細なフレイバーと、甘さとフレッシュさのパーフェクトなバランスを実現するというアイデアから生まれたお酒です。

コアントローは、オレンジピール、アルコール、水、砂糖という4つの材料だけから造られ、香料や着色料などの添加物は一切使用していません。ラ・メゾン・コアントローのマスター・ディスティラーが日々、オレンジピールを厳選しバランスの優れたブレンドすることに情熱を注いでいます。こうしてコアントローのユニークさと素晴らしさを支えているのです。

Terroir テロワール

オレンジ畑

エドゥアール・コアントローのメッセージ

コアントローのスチル(蒸留器)

コアントロー、ノワールとブラッドオレンジ

アレンジ自在のコアントロー・フィズ

People ひと

CAROLE QUINTON キャロル・カントン

マスター・ディスティラー 2016年-現在

ラ・メゾン・コアントローの「鼻」であるキャロル・カントンは、2016年からマスター・ディスティラーとしてコアントローの生産に携わっています。
農業、品種改良、アルコール飲料開発に長けた彼女は、アンジェの田園地方やアルハンブラの庭園、カナダの湖を心の故郷とする、世界を旅する冒険家でもあります。
人生の師匠は、ガーデニングを彼女に教えた祖父でした。それぞれの種のリズムを尊重することにより、バランスのとれた、最高で絶対的な秩序の取れた庭を造ることができると彼女は語ります。そして理想的な人生とは、そんな様々な植物や花が咲き誇る庭のようなものだと考えています。
「リキュールも、人間と同じように、大切なのは魂です。コアントローはとても豊潤で、円熟し、完成されています。そして同時に、生命力にあふれているのです」

BERNADETTE LANGLAIS ベルナデット・ラングレ

マスター・ディスティラー 1978-2016

ベルナデット・ラングレは、ラ・メゾン・コアントローで38年間マスター・ディスティラーを務めました。
エッセンシャルオイルの豊富なオレンジの選定とブレンドのエキスパートである彼女は、コアントローづくりの番人であり続けてきました。
彼女が現代によみがえらせた「コアントロー ノワール」、そして新たに開発した「コアントロー ブラッドオレンジ」は、彼女のプロフェッショナルなリキュール造りの集大成ともいえます。
メゾンに伝わる製法、コアントローの中に息づくDNAをキャロルに伝え、姉妹のような関係を続けながら、メゾンの将来を見守っています。

Time 時間

  • 1849

    エドゥアール・ジャンとアドルフというコアントロー兄弟がフランス、アンジェのサン・ロー通りに蒸留所を開業

  • 1875

    エドゥアール・ジャンの息子であるエドゥアール・コアントローが、当時発売されていたほかの製品よりも、甘さを抑えつつオレンジのエッセンシャルオイルを3倍にした「トリプルセック」の新しい製法を開発

  • 1885

    5月20日、「トリプルセック」として初めてアンジェの商工会議所に登録される。現在もフランス西部の部門別保管所で確認できる

  • 1898

    50年以上にわたり、広告のアイコンでありブランド・アンバサダーとして愛されるキャラクター「ピエロ」が誕生

  • 1899

    リュミエール兄弟の映画にアイコニックなピエロのキャラクターを登場させた世界初の映画広告を出す

  • 1923

    アメリカ市場で成功をおさめ、「Cointreau, the global brand(グローバルブランド、コアントロー)」というスローガンが生まれる。これはのちに全世界で展開されるスローガンとなる

  • 1999

    創業150周年を記念し、蒸留所の一部が博物館として公開される

  • 2015

    コアントロー・クリエイティヴ・クルーが発足

    コニャック レミーマルタンをブレンドした「コアントロー ノワール」の発売開始

    コルシカ島産のブラッドオレンジを使用して作られた新商品「コアントロー ブラッドオレンジ」の発売開始。

  • 2018

    ブランドロゴを一新、さらにクリアにコアントローのオリジナリティを打ち出す

Heart of Cocktail ハート・オブ・カクテル

  • 様々なクラシックカクテルに使われているコアントロー。カクテルブックのレシピには、ベースとなるスピリッツのブランド指定がなくても、トリプルセックやオレンジリキュールではなく「コアントロー」とはっきりと記載されているものが数多くあります。それは、コアントローが単に甘さやオレンジのフレーバーを加えるだけでなく、素材のバランスを取り、それぞれの良さを引き立たせることができるからです。
    そのため、コアントローは、「Heart of Cocktail(カクテルの中心)」と呼ばれています。 誕生以来変わらない製法、それはカクテルが考案された当時の味わいを再現できるということでもあります。ミクソロジーの進化、それと同時に、見直されつつあるクラシックカクテル。そのどちらのカクテルにも、コアントローは重要な役割を果たします。
    単なる副材料、脇役ではなく、カクテルの味を何倍にも膨らませ素晴らしさを際立たせるリキュール… それがコアントローであり、唯一無二の存在なのです。

News ニュース